駒沢工業株式会社
日本カニゼン株式会社
 笠原理化工業株式会社
株式会社 三社電機製作所
株式会社ワールドメタル
株式会社 山本鍍金試験器
共和機器製作所株式会社
株式会社 オカダテックス 有明鍍研材工業株式会社
中央化学株式会社 株式会社JCU
富士電機工業 株式会社 日本表面化学株式会社
ミナモト電機株式会社 日進化成株式会社
大原研材株式会社 株式会社 ヒキフネ 常木鍍金工業株式会社 奥野製薬株式会社
新共立化工株式会社 有限会社シンワ電熱
谷口ヒーターズ 日本プラント工業株式会社
Bagazine

「第7回めっき工場のための機械・装置設計技術者育成講座」募集要項

(株)ハイテクノ主催

めっき工場のための機械設計技術者育成講座の第7回目の受講生を募集します。機械の保全、改良だけでなく、自前のめっき装置を設計できる技術者の養成をめざします。
前回受講生の受講後の感想例:
●私は長年現場の中におりましたが、周辺設備はほとんど業者任せにして自分から設計しようと思ったことはありませんでした。今回熱量計算や流体計算を実際にやってみて、なぜ早くからこのような知識を習得しなかったか思い知りました。なぜこの設備が、なぜこの性能なのか、・・等々工場内の設備をこの観点から見直すとすべて整合しているので、ものすごく面白かったです。
●受講してみて、めっき装置の設計に必要な多くの知識を勉強することができ、大変よかったと感じています。めっき装置の設計には機械・電気・化学・熱・流体・材料の分野が必要とのことで、これらをめっき装置の設計のためにどのように活用し、応用していくかを順序立ててていねいに教えて頂き、より理解が深まりました。
●受講を通して、すべての装置は計算によってきめることが可能であることがわかりました。「これぐらいあればいいだろう」といった経験や勘できめていたものを明確に数値化できるようになったことはよかった点だと思います。図面や工程表の書き方もためになりました。
●実際に参加させていただき、弊社の製造部社員を派遣する意義は非常に高いと実感しました。全16回という短い期間ですが、日本にハイテクノ様のようなフープ・キャリヤの技術的な専門教育機関はありません。とくに弊社のような小さい会社では、大卒・大学院卒の技術者を確保することは困難です。業者任せの現状なので、今いる文系の人間にも技術的な素養を身につけさせねばなりません。その目的のためには国内で唯一無二の講座といえます。
☆受講資格:大学理工系卒業者が望ましいが、普通高校卒以上の学力と学習意欲があればよい(過去の受講生には、普通高校卒や大学の文系学部卒の例が複数あります)。
☆講座の場所:㈱ハイテクノ教室(東京都大田区京浜島2-16-1京浜島センタービル3F)
☆定員:先着15名
☆講座開催の日時:原則として隔週金曜日の午前10時〜午後5時(6時間)×16回
☆講座開催期間:2016年9月9日〜2017年4月21日(8カ月間)
☆受講料:290,000円(ハイテクノ会員企業は230,000円、いずれも税込価格)
☆主任講師:松下哲夫 技術士(機械部門) 松下技術士事務所所長
1967年芝浦工業大学機械工学科卒、外車ディーラー、産業機械制御装置製造会社
を経て、産業機械設備製造会社の開発部門に11年間勤務
1983年松下技術士事務所を開設、めっき工場の建設、レイアウト、産業機械設計、   合理化計画を専門とし、日本国内だけでなく、韓国、台湾、中国等の多数めっき   工場の機械設計、製作の指導を重ねてきた。
ハイテクノ上級表面処理技術講座講師、中小企業事業団登録技術士
☆申込方法:申込書に記入の上FAX(03-3799-0928)でお申し込みください
☆申込期限:7月31日
☆「キャリア形成助成金」制度が適用されます:派遣企業は事前にご当地の雇用・能力開発機構にお問い合わせください。
☆講座の問い合わせ:TEL:03-3790-3174またはEmail:saito.m@hightechno.co.jp