駒沢工業株式会社
日本カニゼン株式会社
 笠原理化工業株式会社
株式会社 三社電機製作所
株式会社ワールドメタル
株式会社 山本鍍金試験器
共和機器製作所株式会社
株式会社 オカダテックス 有明鍍研材工業株式会社
中央化学株式会社 株式会社JCU
富士電機工業 株式会社 日本表面化学株式会社
ミナモト電機株式会社 日進化成株式会社
大原研材株式会社 株式会社 ヒキフネ 常木鍍金工業株式会社 奥野製薬株式会社
新共立化工株式会社 有限会社シンワ電熱
谷口ヒーターズ 日本プラント工業株式会社
Bagazine

カレル・アーバネック記念賞
東京エレクトロン株式会社浅川輝雄氏が受賞

SEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は、7月13日(米国時間)、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催されているSEMICON WestにおけるSEMI国際スタンダードの表彰式で、最高栄誉賞である「カレル・アーバネック記念賞(SEMI International Standards Excellence Award, inspired by Karel Urbanek)」が、東京エレクトロン株式会社の浅川 輝雄氏に授与されることを発表した。
 浅川氏は、PVオートメーション国際技術委員会設立とその後のオートメーション・テクノロジー国際技術委員会への改称・発展にあたり、大きなリーダーシップを発揮した。この改組は、太陽光発電(PV)以外の産業分野においてもフロー・ショップ型の製造工程に、SEMIスタンダードが効果的に利用できるとの浅川氏の見通しによるもの。
 さらに浅川氏は、FOUP(Front Opening Unified Pod)とロードポートの互換性に関する問題点、また、インターオペラビリティの評価方法が欠落していることを明らかにし、FOUPおよびロードポートのインターオペラビリティ実現に不可欠な2つのSEMIスタンダード文書のギャップを埋める活動を先導した。
 最近では、浅川氏は、GEM300スタンダード(300mm自動化通信スタンダード)において、確実なレシピ管理スキームやリアルタイム・キャリア・ロジスティクス・コントロールにおける予測の利用といった、新たなコンセプトを導入し強化することに注力された。
 現在もスマート製造の実現には不可欠である、SEMIの装置通信スタンダードの有用性、適用性を高める活動へ貢献を続けている。
 カレル・アーバネック記念賞は、Tencor Instrumentsの創業者であり、SEMIの役員として国際的な見地からSEMIスタンダードの拡大発展を推し進めた故カレル・アーバネック氏の業績を称えて、1992年に創設された。
SEMIのスタンダード活動に貢献し、スタンダード開発において傑出したリーダーシップを発揮した個人に対して授与され、受賞者はSEMIの国際スタンダード委員会によって選出される。