日本鍍金協会第53回秋季大会

十日会の幹事で観測船「しらせ」に於いて開催

日本鍍金協会の平成28年度第53回秋季大会が平成28年 10月28日に開催された。
同大会は三部構成となっており、第一部では、千葉県千葉市美浜区中瀬1‐3 幕張テクノガーデンにある㈱ウェザーニューズの見学を行い、第二部では観測船「しらせ」で秋季大会を行った。
 第三部ではオリエンタルホテル東京ベイで懇親会を行い秋季大会は終了となる。
当日は10時半に品川駅の新幹線改札口に集合し、11時より移動となり12時から13時40分まで㈱ウェザーニューズを見学した。
 見学が終わり観測船「しらせ」に移動して15時までの間は観測船「しらせ」を見学して、その後総会が開催された。
 定刻となり八幡義一副会長が司会進行役を務め開会された。
 開会の辞を菅野真佳副会長が行った。
 次に国歌斉唱の後、物故者会員、会員家族、業界諸先輩の例に対して黙祷を捧げた。
 続いて綱領宣言を二村義博副会長が行い、来賓紹介、会長挨拶となり、会長の柴田徹会長が挨拶を行った。
 次に議長選出の後議事となり、第1号議案の第1号議案 平成28年度JES事業経過報告及び第56回年次大会開催計画(案)についての報告を小松慎司幹事が報告し場内満場の拍手により可決承認された。
次の第2号議案では各会事業報告、現況報告が名鍍会・青研会・十日会それぞれが行った。
その後第3号議案のその他の審議が行われ、閉会の辞を荏原弾幹事が行い第53回秋季大会は終了した。
その後オリエンタルホテル東京ベイに会場を移し第三部の懇親会となり、柴田会長の挨拶と東京都鍍金工業組合の神谷理事長の来賓挨拶があり、JES第47代会長の遠藤清孝東京鍍金工業組合副理事長の乾杯の発声で祝宴が開宴され、名鍍会・青研会・十日会の交流を深めた。